シングルマザーとのデート

シングルマザーの名前をわかりやすくレイさんにしますね。ぼくはある日レイさんに言いました。今後ご飯付き合ってくださいよと。その時もレイさんは少し微笑んでたなぁ。

そしてぼくに言った一言は「かわってるわね」だった。

少しお酒でも飲みながらの方が仲良くなれるかなーなどと目論んでいたけど、デートの当日待ち合わせ場所にあらわれたレイさんは、日産のマーチに乗ってあらわれた。

ぼくは自然と助手席に座る事になり、車ですか?と驚いてみせた。駅前で待ち合わせをしたのだから当然のことだろう。

しかしそれ以上に驚いたのはレイさんの車がマニュアル車だったことだ。ぼくは免許を取るために通った教習所以外でマニュアルを運転したことがないのだ。しかもそれをかよわい女性が運転している。ますますレイさんはぼくを夢中にした。

このデートで決まっていたのは日時と待ち合わせ場所。ご飯を食べに行こうといっても具体的にどこに行くとも決めていなかった。ぼくの中では少しこじゃれたイタリアンレストランに入り、小皿料理をいくつか頼み、おいしいお酒でも飲みながら、普段バイト先ではできないような会話ができたらと目論んでいたが、どうやら話が変わってきた。

そしてこのデートでぼくはますますレイさんが好きになったのだ。続きは次回に。jメール